脇の臭いが気になったら、病院での治療を検討してみましょう

生まれた頃からある

わきがは生まれつきの体質が問題

社会には、わきがになってしまい悪臭を放つ人とそうでない人が存在します。 では、これらの違いとは一体何なのでしょうか。 実は、わきがに関する両者の違いは生まれつきの体質の違いだということが医学的にわかっています。 そのため、わきが治療を受けないと悪臭を改善することが出来ない人がいるということを知っておかなくてはいけません。 そもそも、わきがの発症確立は遺伝子によって決まります。 わきがの遺伝子は優性遺伝であるため、この遺伝子が子供に受け継がれたときにはわきが治療によって汗腺を抑えなくてはいけません。 わきがの原因は遺伝子によって生まれるアポクリン汗腺であるため、この部分を抑えれば必ず悪臭を抑える事が出来るのです。

遺伝によってわきがになるかどうか判断できる

わきがの遺伝子は優性遺伝であるため、両親の遺伝状況を見ればすぐにわきが治療が必要かどうかが判断できます。 例えば、両親の片方がわきがを発症していた場合には子供に対しても50%の確率でわきがの遺伝子が継承されます。 そのため、わきがになる確率は約50%です。 そして、両親の両方ともがわきがを発症させているときには子供にもその遺伝子が90%以上の確率で継承されます。 この場合では子供はほぼ100%わきがになるためわきが治療が必要になるのです。 優性遺伝によって継承される遺伝子はアポクリン汗腺という悪臭の原因となる汗腺を作り出すため、後天的な改善では治療が難しいのです。 このようにわきがが遺伝によって発症した場合には、医学的な手術を受けることで治療できるのです。